本文へスキップ

松浦長生館は京都高倉四条にて、江戸天保より二百年の歴史ある鑑定所です。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL.075-351-7554

〒600-8082 京都市下京区高倉通四条下ル高材木町214

meingazou.jpg

 自然界には絶対的な陰陽のバランスがあります。具体的には陽(幸せ)・陰(不幸せ)・中等(中間です。誰かが陽を取れば、誰かに陰が回ります。世界の全員が幸せになる事は残念ながらありません。現実の社会や世界を見れば間違いなくその理に収まり、陰陽のバランスが取られております。
 松浦長生館では、御自身、ご家族が陽(幸せ)の方へ身を置ける様に鑑定ご指導を致しております。

 人生・未来とは決して決まっておりません。今現在からの選択・実行により良くも悪くも変わっていくものです。陽(幸せ)の方へ身を置くには、以下の6点が重要です。

・家相、地相。 生きて行く拠点となります住居、活動の拠点となります仕事場の吉凶。

・方位、時期。 変化を求める方位時期の巡り。移転、新築、改造、開業、転職等。

・御命名吉名。 吉名を使い呼ばれる事で、長所が輝き運気発展させ陽に向かいます。

・相性、性格。 御自身の生まれ持つ陽(長所)陰(短所)の鑑定。
        夫婦、家族、パートナーとの相性と性格、価値観の鑑定。

・仕事、運気。 御自身の性格に適正する仕事や活動の方向性、運気の巡り。

・純粋な運。  お生まれなさた環境、御家庭、体質遺伝など。

 純粋な運以外の条件を満たせば、自然に陽の方へ向かって良い流れに乗ります。努力に対して納得の成果を得る事が出来ます。現在の状況や価値観は人それぞれにて全てを満たすのは難しい事もあると思います。しかし出来る限り少しでも陽の方へ向かわれる様に鑑定ご指導をさせて頂きます。




松浦長生館の御紹介

・松浦長生館は京都高倉四条にて、江戸天保より二百年の歴史ある鑑定所です。
・初代松浦琴鶴より一子相伝、長男が継承致しております。
・家相方位学・陰陽五行九星術を用い鑑定致します。
・現在は九代目 松浦 茂樹が館主として鑑定致しております。
・年間1200件以上鑑定依頼を頂いております。
・鑑定結果は極力書面に致しております。
・鑑定の録音も可能です。


主な御相談・鑑定内容
 ・ 新築、改造、現住居の家相・地相吉相の鑑定
 ・ 移転や新築改造工事をなされる方位吉方・時期吉年月日の鑑定
 ・ 新生児様や改名、芸名の御命名、会社や店舗、ビル、マンションの吉名鑑定
 ・ 御縁や人間関係等についての相性・性格の鑑定
 ・ 就業、開業、事業拡張等なされる家相方位や時期運気、及び適職等仕事の鑑定

お墓の建立・整理移転・墓終い。
近年お悩みが多い人間関係トラブル、引きこもりの方への対応も御相談頂けます。



令和6年の運気・方位につきまして(令和6年2月4日立春~令和7年節分まで)
・中宮星(大厄) 三碧星 (八方塞がりの不安定な凶年となり、注意が必要です。)
・吉年の星    一白星 四緑星  
・中等の星    二黒星 五黄星 七赤星 八白星 
・中ノ下     九紫星     
・凶の星     六白星 

・令和6年 方位吉凶 
・暗剣殺の大凶方 東の方位   
・五黄殺の大凶方 西の方位

・歳破、本命殺、的殺の凶方は月日の吉巡りを加点する事によって回避出来ます。
 
・吉方は各生まれ星によって変わります。年、月、日、自然の巡りに順応する方位です。



令和6年 歳暦





令和6年7月 月暦  
 江戸時代の書にて、現在の太陽暦カレンダーと表記はひと月ずれております。
 また一年の変わり目が節分・立春であるように。月の変わり目は、二十四節気の月初め節からとなります。


七月の運気・方位につきまして(7月6日小暑節~8月7日立秋節前まで)
・中宮星(大厄) 九紫星 (八方塞がりの不安定な凶月となり、注意が必要です。)
・吉月の星    二黒星 四緑星 五黄星 八白星  
・中等の星    一白星 七赤星  
・中ノ下     三碧星     
・凶の星     六白星 

・七月 方位吉凶 
・暗剣殺の大凶方 南の方位   
・五黄殺の大凶方 北の方位




店舗イメージ

松浦長生館

〒600-8082
京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町214
TEL.075-351-7554

京都大丸百貨店すぐ
阪急烏丸駅より徒歩2分
地下鉄四条駅より徒歩3分

鑑定時間
午前9時30分~午後8時
御予約制

休館日
木曜・日曜・祝日